代表者経歴






ウォーレン J. デバリエ

株式会社インターフェイス代表取締役、創業者。

40年におよぶビジネス経験は、エクソン(エッソ石油)チリ総責任者(サンティアゴ)、ゼネラル石油(現東燃ゼネラル)常務取締役(東京)、チェイス・マンハッタン投資銀行常務兼財務担当重役(ニューヨーク)などを含む。

東京在住は25年近に及び、日本外国特派員協会(FCCJ)の長年のメンバーである。

趣味は20世紀ヨーロッパ絵画の収集やフィットネス・トレーニング、ジョギングなど。ニューヨーク、サンフランシスコ、河口湖、サンティアゴ、東京(2010年)ではフルマラソンを完走し、ヒマラヤでの5日間にわたる100マイルレースにも挑戦している。

米国ルイジアナ州ニューオリンズ出身。ジョンズ・ホプキンス大学 高等国際問題研究大学院卒業(修士)。コロンビア大学コロンビア・ビジネススクール/ティーチャーズ・カレッジからは最高レベルのプロフェッショナル・コーチの認証を受けている。