その他





MBA Text Books - Giants of Enterprise 『Giants of Enterprise: Seven Business Innovators and the Empires They Built (2003)』

Richard S. Tedlow, 1st edition, Collins Business (Pub.).

Book used at Harvard.

ご購入はこちらから

リチャード・テドローはハーバード大学における経営管理の教授で、ビジネス史を専門としている。本書はアメリカの産業を築いた7人の巨人、アンドリュー・カーネギー(U.S.スチール)、ジョージ・イーストマン(コダック)、ヘンリー・フォード(フォード・モーター)、トーマス・ワトソン・シニア(IBM)、チャールズ・レブロン(レブロン)、ロバート・ノイス(インテル)、サム・ウォルトン(ウォールマート)の生涯をなぞり、彼らが産み落とした考え方や価値観を教えてくれる。ハイテク・バブル後に書かれた本書で著者は、起業界の象徴である彼らが持続可能なビジネスを築き、アメリカン・ドリームを実現させた方法を学ぶべく、歴史上から得られるレッスンへ目を向けている。
『Business Law (2006)』

Henry R. Cheeseman, 6th edition,

Prentice Hall.

Book used at Kellogg.

法律とは法廷の外へは出ないドライなもの、あるいは主に法学者や法の実践に関わる人々や政府官僚にとって価値のあるものだ、とお考えかもしれない。本書はそんな考えをがらりと変えるだろう。法律理論が詰まり、多様なケース事例で裏付けられた1200頁、2.2キロの本書は、分かり易く書かれた優秀なガイドブックとなっている。法律、倫理、社会責任のトピックを組み合わせ、アメリカと国際社会両方でのビジネス上の問題を扱っている。
『Commercial Real Estate Analysis and Investments (2006)』

Norman G. Miller, Jim Clayton, and Piet Eichholtz, 2nd edition, South-Western Educational (Pub.).

Book used at MIT.

不動産投資分野における権威あるテキストと見なされており、国際不動産について一章を設けている(万歳!)。また、商業不動産分析/投資における、応用ファイナンシャル/アーバン・エコノミクスについて紹介している。コーポレート・ファイナンス分野の理論と不動産分野の橋渡しをしてくれる一冊である。また、ここにいう不動産分野には、不動産ポートフォリオやREITなど幅広いテーマが含まれる。
MBA Texts - The Real Estate Game 『The Real Estate Game: The Intelligent Guide to Decision-making and Investment (1999)』

William J. Poorvu and Jeffrey L. Cruikshank, 1st edition, Free Press.

Book used at Harvard.

ご購入はこちらから

ウィリアム・ポルブーは不動産の開発と運営の経験があり、ハーバード大学では35年にわたって不動産投資について教えている。本書では、くだけた気取らないスタイルで、「ゲームのルール」を構成する諸要素について解説し、キャピタル・マーケット、プレイヤー、プロパティーなどについても触れる。また、提示するルールはケース・スタディー の実例で裏付けられており、バリュー・インベスターになるための実用的なアドバイスがたっぷりと詰め込まれている。






弊社社長デバリエが第2部、3部を執筆『トップMBAの必読文献』(東洋経済新報社)より