『Harvard Business Review』が2009年に行った調査によると、企業がコーチを雇う理由として、以下の7つが主な理由として挙げられています。

1. 有能なマネージャーを育てるため
2. ビジネスの転換を推進するため
3. 組織ダイナミクスのための相談役として
4. 戦略事項の相談役として
5. 社員の「脱線」行為に対処するため
6. チーム内の意見交流を促すため
7. 再就職のあっせん、または「戦力外通告」のサポートのため