コンサルティングもコーチングもマネジメントやゴール設定といった課題を含みます。

コンサルティングでは、コンサルタントが企業での経験に基づいた具体的なアドバイスを提供します。また、コンサルタントは、問題の解決策を積極的に提案します。

一方、コーチングでは、クライアントとコーチが共に課題や問題を明確にし、目的達成または目標の実現のための行動計画の策定を共有します。コーチは、クライアントとの平等な関係のなかで、変化の触媒としての役割を果たします。

コーチングでは、コーチはクライアントに質問をして、クライアントの言葉に注意深く耳を傾けることに重点を置き、ディスカッションを通して行動計画を練りますが、それはクライアント自身が考える問題の解決策が基になっています。コーチングではブレインストーミングを多用しますが、コーチングの全期間を通し、取り上げる課題はクライアント自身の課題であってコーチが提供する課題ではありません。