期間はクライアントが取り組む課題によります。たとえば、就任後間もないCEOなら、有能な取締役のチームの能力の最大化のための最善のアプローチを求めて奮闘し、コーチの第三者としての視点を必要としているでしょう。こういった場合は、1年またはそれ以上の期間を要することになります。優れた分析力をもちながら、昇進するために必要な対人スキルに欠ける従業員のチームマネジメント・スキルを向上させるために、企業がコーチを雇うといったケースも考えられます。こういった場合は、数ヶ月が予想されます。また、起業家がビジネスモデルの利点や成功するために必要なスキルセットについて相談する相手としてコーチを雇うことも考えられます。この場合は、比較的短い期間になるでしょう。

契約の段階で、コーチングのおおよその期間についてクライアントとコーチが合意します。「ローマは一日にしてならず」と同じように、行動パターンは1日で変わることはありません。短期契約でコーチングを開始し、期間満了後に解約や更新をするといった柔軟な方法でご利用いただけます。通常は、コーチング期間中に効果が現れる、3−4ヶ月のコーチング期間をお勧めしています。

コーチングから最大の効果を得るクライアントは、学習や成長への強い意欲をもっています。自身の変化や、心の知能指数(EQ)の重要な要素でもある自己認識への準備ができている人たちです。