そんなことはまったくありません。

むしろ、dream schoolから現実的と思えるプログラムまで、バランスのとれたポートフォリオを組んでの出願を助言しています。弊社はトップスクールのエキスパートですが、出願先いかんにかかわらず、すべてのご利用者をサポートします。

しかし、様々な好条件が揃っている場合に、あえてトップスクールを目指したくないという方は非常に稀なのではないかと思います。