一流校を狙う方に対しては、一般的にTOEFL iBT 105点、GMATは700点前後を目標とするようお勧めしています。もちろん、多少低い点数で一流校に合格する方もいますが、大多数はこのレベルの点数に達しています。

しかし、優れた印象的なエッセイやインタビューによって、あなたのプロフェッショナルとしての、そして一人の人間としての個人的な経験の強さをコミュニケートすることは、低い点数を補って余りあります。GMATのスコアがかなり低い(例:600点台前半)のにもかかわらずスタンフォードやノースウェスタンのような学校に合格した方、700点台の中でも極めて高い得点を持ちながら不合格だった方の双方のケースを知っています。

つまり、エッセイとインタビューは常に合否結果に最も直結する決定要因だということです。