最低点数を開示する大学は決して多くはなく、特にGMAT、GREについては、ほとんどありません。彼らは平均点に達しない志願者の入学を許可する権利を留保しています。しかし、一流校への合格を計画されているのであれば、例外に基づいて計画をたてることは現実的ではありません。低い点数や例外的ケースを前提にするのではなく、平均点前後の点数を目標として計画をたてるべきです。