トップスクールのMBA入学審査官が出願者の合否を判断する際に着目する資質と、ヘッドハンターや企業が人材を評価する際に着目する資質は、以下の通りで、基本的に全く同じであると言って差し支えないです。

● チームで作業する能力、効果的コミュニケーション能力、交渉力
● 意思決定をすることを恐れない、意欲旺盛な行動力
● 優先順位付けの判断力と時間管理能力
● プロ意識と責任感
● リーダーとしての資質
● 論理的思考力と分析力
● 創造力
● 国際ビジネス公用語である英語の総合的能力
● 職務経験と実績

言い換えれば、授業とコミュニティ活動の両面で、クラスメートや教授に貢献できる、そして、社会で成功を収めることができるタイプの人間を求めているということです。