それは危険でよくある間違いです。一流大学院への出願プロセスは、日本での大学入試とは全く異なります。

再出願で合格する方も確かに存在するものの、一流大学院への再出願者は初出願者に比べれば不利な状況にあるのが典型的なケースです。出願プロセスを実験として使ってはなりません。もし、あなたが「様子を見る」資格さえもないときに出願すると、あなたの夢が目の前から完全に蒸発することにもなりかねません。