エッセイを翻訳するということ自体がまったく意味を成しません。なぜなら、英語と日本語の論理は完全に異なるからです。日本語から英語への翻訳であろうと、英語から日本語への翻訳であろうと違いはありません。

長い目で見れば、英語でエッセイを書き始め英語で書き終える方がはるかに効率的なのです。まず、あなたが主張したい主なポイントのアウトラインから始めて、エッセイ全体をドラフトしてみてください。そうすれば、英語の質問に対して英語の論理で答えるという、正しい道からスタートできる可能性が高まります。

この「正しい道」でのきちんとした訓練を経ることこそが、トップスクール合格の可能性を高めるばかりでなく、留学後に実際のプログラムで成功し、多くを得ることに必要なライティング能力やコミュニケーション能力を発展させることにつながるのです。