GPA(Grade Point Average: 大学の各科目の成績にそれぞれの単位数を掛けたものを合計取得単位数で割った数値)がとても低いのですが、トップスクールへの出願を諦めるべきでしょうか。

そんなことは全くありません。GPAの低さは、良いテストスコアや優秀な志願者としての魅力をプレゼンテーションすることで補うことができます。例えば、 GPAが1.9であった日本人の志願者が、GMATやTOEFLでの高得点と国際経験の豊かさがそれを補ったために、複数の一流MBAプログラムに合格したことがあります。