出願準備について気をつけていただきたい点をまとめてみました。

私を極めて優秀な志願者として差別化し、トップスクールへの合格を勝ち取る過程において、結果に最もインパクトを与えてくれるのは、TOEFLやGMATなどのテスト、エッセイ、インタビュー、推薦状のいずれでしょうか。

欧米一流大学院に合格するためには、自分一人で準備するのではなく、テストでの高得点獲得、レジュメやエッセイの作成、インタビュートレーニングのために、プロフェッショナルなサービスの助けを借りるべきだと巷ではいわれていますが、どうしてなのですか。

一流ビジネススクールに合格するためには、TOEFLやGMATでどの程度の点数をあげることを目指すべきなのですか。

TOEFL、GMAT、GREなどのテスト準備を、プロフェッショナルなサービスを使うことなく、自学自習で行うことは可能ですか。

「足切り点」というようなものは存在するのでしょうか。

GPA(Grade Point Average: 大学の各科目の成績にそれぞれの単位数を掛けたものを合計取得単位数で割った数値)がとても低いのですが、トップスクールへの出願を諦めるべきでしょうか。

TOEFL iBTの学習において、特に重要な点は何でしょう。

トップスクールに合格するためには、どのような特性が自分にあることを示す必要があるのでしょうか。

何校程度出願することが望ましいですか。

様子を見る意味も兼ねて、今年は最も行きたいトップ校3校のみに出願し、全て不合格だったら、来年に再出願するつもりなのですが。

テストでのTWEやAWAのスコアがあまり良くないのに、非常に優れた内容の出願エッセイを提出すると、日本人である出願者本人が書いた出願エッセイではないと見なされて、不合格になるというのは本当ですか。

仕事が非常に忙しいので、準備に割ける時間と費用を最小化しつつ良い結果も出せるよう、まず自分で日本語でエッセイのドラフトを作成し、プロの翻訳家に訳させた上で、インターフェイスのコンサルタントのようなプロに推敲してもらうという手順で進めるつもりなのですが。

異なった視点を与えてくれるという点で価値があるので、トップスクールの卒業生に私のドラフトエッセイを個人的に見てもらい、コメントをもらうつもりです。また、インターフェイスのコンサルタントに加えて他のコンサルタントも雇うことも考えています。

日本人出願者が陥りやすい致命的な過ちは何ですか。

トップスクールで得られるものを最大化するために、合格通知をもらってから実際に入学するまでの期間にどのようなことをすべきですか。