Columbia MBA 合格体験記

留学先:コロンビア (Columbia MBA)

大学院出願準備記(出願エッセイ、インタビュー対策など)
MBA合格体験記 No.193






留学先: Columbiaを含め検討中

(英語の原文は、インターフェイスによる和訳の後に掲載。)

コロンビアビジネススクールからEarly Decisionでの入学許可をもらい、他数校の出願準備が終わったところです。インターフェイスのカウンセリングがなければ、一人でここまでたどり着くことはできなかったと思っています。インターフェイスとデバリエ氏に心から感謝しています。

こう書いたからといって、勘違いしてほしくないのですが、インターフェイスもデバリエ氏も私に優しかったことは一度もありません。ドラフト準備のために、私は毎週のように小突き回されました。例えば、ドラフトの出来に対して、デバリエ氏には何度も「頭を切り落とされていたずらに走り回っている鶏」呼ばわりされたり(おかげで新しいイディオムを一つ覚えましたが)、膨大な時間を掛けて作ったドラフトに手厳しいコメントをもらったりして、ドラフトを最初から書き直すはめになったことも一度ではありません。インターフェイスからトップ校に入学した先輩たちも同じように、こうした「必要な」経験をしているのでしょう。私がめげずにいられたのは、自分が準備したドラフトと仕上った書類の質の違いのためです。英語の文章のことだけではありません。デバリエ氏に自分像(私のこと)の広さと深さを指摘されて初めて、最初に自分で十分把握していると思っていた自分像が、ただの断片的な思い付きにすぎなかったことに気付くという具合です。私の職場は随分と国際的で、MBA保持者も大勢いますから、出願関連でいろいろと助けてもらおうことは簡単ですし、彼等の様々な視点も助けにはなります。しかし彼等からのアドバイスとデバリエ氏のを比較すると、アマチュアとプロの差は歴然としているのです。

デバリエ氏と話をする度に、彼の熱い思いを感じます。その熱い思いが生徒をトップ校入学に導くのだと思います。そのためにはどんな努力も惜しまないといった感じです。デバリエ氏の言葉を借りると、それで生活しているからねということになりますが。

再び勘違いしてほしくないのですが、インターフェイスもデバリエ氏も、だからと言って、私に代わってエッセイを書いてくれることはないのです。インターフェイスのごく普通の倫理観にも感謝したいと思います。デバリエ氏は私が自分自身についてより深く考え、より良く売り込み、仕事の出来栄えを正しく分析して、その結果、出願先に適切に自分の思いを伝えられるよう手助けをしてくれるのです。しかも私の代わりにエッセイを書くことなしに。この方法は私にとって気持ちがいいだけでなく、自分自身についてより深くより明瞭に考えさせてくれます。実際、MBAへの出願は自分の現在、過去そして未来を丁寧に見つめる良い機会になります。デバリエ氏の手助けを借りることで、自分の強みと弱みがはっきりしました。

授業料は安くありません。21万円の月謝は私の給料の大部分を持っていってしまいます。しかし、MBAへの出願は自分のキャリアにおいてもっとも大切な戦略の一つということを考えると、「卵」は適切な者の手にゆだねるべきですから、惜しくはありません。もしインターフェイスが「安かろう、でも」というサービスを始めようとしたら、将来のインターフェイサーたちのために、私は反対するつもりです。

最後に、MBA出願を真剣に考えている皆さんに言いたいのは、サービスの質の高さと倫理観の確かさとの両方から、インターフェイスは頼ってしかるべきところだということです。

I have just received Columbia Business School’s offer for application to their early decision program and have prepared for some other schools applications. Without Interface’s help I could never get to this stage. I would say sincere thanks to Interface and to Mr. Devalier.

But don’t get me wrong. Interface has never being nice to me and Mr. Devalier has never been nice to me. I got kicked around to prepare the draft of the essays every week. I was referred to Mr. Devalier as “Chicken without head” several times (although I learned one new English idiom through this). I got very sharp comments to my ideas and my draft on which I spent so much time. Sometimes I have to redo my draft. I could say everyone who got into the door of a top school has not been nicely helped but kicked by Interface in the right place. But I like the kick when I look at the gap of the level of my first draft and the one I sent out. It is not just English. The breadth and depth you think about yourself is just different from your first whim of idea.I work in a very international firm and surrounded by MBA graduates. It is easy to get help and this and that idea regarding application. It is useful to get a variety of views. But when I compared the advice I got from them to Mr.Devalier’s, I see the gap between amateur and professional consulting.

Whenever you talk to Mr. Devalier, you could feel his passion, his so earnest passion to kick his students into the doors of top schools. It looks like he could make any efforts to get his students into top schools. Using his word, that is what he lives on.

But don’t get me wrong again. Even with so much passion and so strong responsibility, Interface and Mr. Devalier have never written an essay for me. I would like to thank for Interface again for its sound ethics. Mr. Devalier activate my thinking of myself , help generate ideas to market myself, give sharp comments to my products and help me deliver the messages to schools in a proper manner. But he never written an essay instead of me. This not only makes me feel good but also help me think deeper about myself and look much clearer at myself. MBA application is actually a good chance to look at yourself, current picture and past seriously, and plan your future carefully. With help from Mr. Devalier, my strength and weakness become so obvious to me.

Interface is expensive. 210 thousand a month eats away a substantial part of my salary. But when I think this application to business school is one of the most important strategic moves in my career, I would never hesitate to put my eggs in the right hands. I would discourage Interface to provide cheap service for the sake of the future Interfacers.

Finally I would say that for any one who is seriously considering preparing for MBA, Interface is the right one to ask for advice for both the quality of service it provides and strong ethics ground it stands.





大学院留学 合格体験記
Columbia (コロンビア MBA) Class of 2006