INSEAD MBA 合格体験記

留学先:インシアード (INSEAD MBA)

大学院出願準備記(出願エッセイ、インタビュー対策など)
MBA合格体験記 No.369






インターフェースはMBA留学から帰ったばかりの会社の先輩に紹介さました。最初に学長のDevalier先生と面接があり、「夫がヨーロッパに駐在しているので欧州のMBAに行きたい。欧州トップのLBSに絞って受験したい」と言ったところ、「1) 勉強の開始が遅いこと(10月に申し込み2ndで出願)、2) スコアも低いこと(GMT600, TOEFL98)、3) 欧州には他にも良い学校が沢山ある、4) 欧州トップはLBSではなくINSEADである」等、厳しい言葉をいただきました。「MBAは会社名、英語が勝負で特に大変な勉強は必要ない」、と甘く見ていた私にとってはショックでしたが、厳しいだけでなく信頼できる強い指導力を感じたのでDevalier先生の担当を希望しました。

週末や平日の夜はDevalier先生の予約が既にいっぱいだったので毎週水曜日の3時からという時間帯になりました。最初の1ヶ月くらいは会社を早退してSkypeで受講しましたが、だんだん慣れてきてからは授業の前にメールで作文を送り、帰宅後採点済みのエッセイを確認する、というやり方になりました。エッセイの授業が始まる前にDevalier先生が書かれた『日本人のためのMBA』を読み、エッセイのコツを私なりに理解しました。例えばブランド力のある会社に勤めている場合は、卒業後のキャリアを聞かれている場合、その会社に戻ると書いたほうが、学校側にとって一流企業に卒業後の就職が内定している学生を取れるので魅力ある学生と映ること、今までのキャリアで成し遂げたことを聞かれている場合自分がやったことを誇張しすぎないことなどです。

Devalier先生のエッセイ指導は、抽象的な話よりも具体的な話を書くことを勧められました。そして、私の書いた具体的な話については英語をブラッシュアップしてくださる程度でしたが、エピソードをとおして学んだことなど各エッセイの締めくくりの部分で、レベルの高いエッセイとなるよう多くの加筆・修正をしていただきました。「英語で書くと、私の履歴はこうやって表現されるのか」と面白かったです。また、最初の頃は先生が修正してくださった内容をそのままコピー&ペイストで出願フォームに貼り付け、他の学校のエッセイに使っていたのですが、途中からは先生が直してくださった内容から英単語、文法などを勉強するようにしました。

11月中旬から12月初旬に掛けては、毎週土曜日インタビューの授業も受講しました。東京まで新幹線で通い、東京、名古屋、大阪などから集まる7名のクラスメートと知り合いました。普段の会社生活では知り合えないような刺激的な仲間と知り合い、情報交換や勉強の励まし合いをしました。とても意識が高く、親切な人ばかりで「来年MBAに行ったらこういう素敵な人に沢山会えるのだ」と思いました。また、普段SkypeとメールのやりとりのみのDevalier先生と直接お会いできたことでエッセイの採点をしてもらう上でも、より潤滑にすすめられたと思います。

最近Devalier先生が出版に携わった『トップMBAの必読文献』という本を読んだのですが、その中でDevalier先生がコロンビア大学コロンビアビジネススクール/ティーチャーズ・カレッジから最高レベルのプロフェッショナル・コーチングの資格を得られていることを知りました。私自身、最初の頃Devalier先生は厳しい方かと思っていたのですが、とても暖かい人柄であることがすぐにわかり、また単に受かるための受験対策ではなく、勉強の楽しさを思い出させてくれる指導をしていただいたと思っておりました。そのため、先生の経歴を知ったときは「やはりDevalier先生にお願いして良かった」と再確認しました。仕事との両立でMBAの勉強はtime managementは大変だったのですが、やはり勉強が楽しいと思わせてくれるDevalier先生のサポートがあってこそ成し遂げられたと思っています。TOEFL, GMATなどは勉強のやり方をアドバイスいただいただけでしたが、英字新聞を読み始めたりScience Americaを聴くようになったり、英語を楽しく勉強する習慣も身につきました。また、MBAのエッセイ執筆をとおし、自分の強み・弱みを改めて考えられたこと、エッセイで学んだ英語表現でアメリカ人のカウンターパートとのコミュニケーションが若干改善したことなど、日々の仕事を勧める上でもレベルアップできたと思っています。最後にJ-Stuffの皆様にも大変ご親切にしていただきました。時間変更、授業開始直前の資料変更など、色々と無理なお願いをしたのですが、いつもタイムリーかつ丁寧にご対応いただきました。

結果、第一希望のINSEADからは奨学金ももらい、それ以外にも複数の学校から合格をいただくことができました。どうもありがとうございました。





大学院留学 合格体験記
INSEAD MBA(インシアードMBA) Class of 2012