LSE MS 合格体験記

留学先:LSE (London School of Economics and Political Science MS)

大学院出願準備記(出願エッセイ対策など)
MS合格体験記 No.121






現在私がこのようにして志望校に合格することが出来たのも、インターフェイスのサポート無しには不可能であったとおもいます。

(1)留学カウンセリング

インターフェイスのカウンセラーのアドバイスはカウンセリングの中でも特筆に値します。彼のアドバイスは常に私の期待に対して満足の行くものでした。出願前の情報収集の段階においては、(私はMBA以外の進路を検討していましたので)自分のミッションとしていることに対して、彼のこれまでの経験からのアドバイスは非常に納得の行くもので、私自身、出願校選択時の迷いを捨てることが出来ました。そして、出願プロセス中には、予測できない様々なトラブルがあります。しかし、その都度、カウンセラーのアドバイスに従い、一つ一つ丁寧にトラブルを解決していくことができました。また、様々な問い合わせをメールで行っても、彼のレスポンスは非常に早く、特に時間の無い中で判断を求められる状況下で、彼の正確、かつ迅速なアドバイスは非常に助かりました。また、同時に彼のやさしい人柄に私は何度も勇気づけられました。

(2)エッセイカウンセリング

エッセイカウンセリングも同時に満足行くものです。インターフェイスのエッセイカウンセラーは出願者の潜在能力を最大限に引き出してくれます。彼は自分の会社の業界についての知識も有り、アドミッションズの視点を踏まえた上で、必要なエッセイの骨子についてのカウンセリングを行っていただけました。結果、独り善がりでない、読み手を意識したエッセイを作成することができました。また、インターフェースのエッセイカウンセリングのプロセス全体に言えることですが、週1回、2時間の固定したスケジュールは、出願プロセスにおいても、非常に重要な役割を果しました。業務との兼ね合いで、非常にタイトなスケジュールでエッセイ作成を進行していく中で、カウンセラーによる進捗管理は非常に重要です。そして、推薦状やカバーレターなどの作成についても、非常に時間が無い中で、とかく拙速になってしまうのですが、彼のアドバイスの元に、高いクオリティのものを作成することができました。細部に至るまで丁寧にチェックしていただくことができ、トータルで、非常に満足の行くパッケージが作ることができました。

約一年間という長期にわたるサポートを受けることができ、非常に感謝しております。皆様もインターフェイスを活用することで、必ず、目標校への切符を手にすることができると確信しております。





大学院留学 合格体験記
London School of Economics and Political Science LSE MBA Class of 2004