Northwestern MBA 合格体験記

留学先:ノースウェスタン (Northwestern Kellogg MBA)

大学院出願準備記(出願エッセイ、インタビュー対策など)
MBA合格体験記 No.031






男性(33歳/航空会社)
経営大学院留学には遅すぎる感のある私が、私費留学にもかかわらず、曲がりなりにも合格通知を受け取ることができたのは、ほとんど奇跡だと思います。そんななかで私なりに心掛けて頑張ったところ、私なりに感じたところを書いてみたいと思います。少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

私費留学生である私は「金無い、情報無い、時間無い」のまさに三重苦からの挑戦でした。中でも一番困難を極めたのは、ほとんど情報が入ってこない、ということでした。6月のGMATで大失敗をしてしまった私は、正確な情報と正確な指針を求めて、インタ−フェイスの門を叩いたのでした。Devalier氏の持つ経営大学院留学に関するあらゆる情報とGMAT/TOEFLに対する指針は、今思うと正確を極めていました。以下TOEFL/GMAT/ESSAYの順番に述べていきたいと思います。

——————————————————————–

PROFILE
・留学先:Kellogg, Northwestern
・勤務先:外資系航空会社 / 年数:9年
・TOEFL:637 (61, 66, 64) / TWE:4.0
・GMAT:620 / AWA:3.5

——————————————————————–

TOEFL/GMAT
日本人にとって一番苦労するところは、TOEFLのSection 1とGMATのVerbalではないでしょうか。生きている英語に接する機会のない多くの日本人にとって、TOEFLのSection 1は、脅威です。同様に、Nativeな英語感覚のない日本人にとってGMATのSentence Correctionでは、いくら説明を聞いてもわからないという状態に陥り、西洋的思考論理の苦手な日本人にとって、Critical Reasoningでは、見るのも嫌状態になり、Reading Comprehensionにいたっては、吐き気を催す状態になります。このような状況において、インタ−フェイスのNative指向の教授法は、実に役に立ちました。文法という言葉では納まり切れない問題に対する的確な対処は、他の予備校では有り得ないものと言えるでしょう。たいへん解り易い Critical Reasoningにおける西洋的論理思考の説明は、他に類を見ないものでしょう。大切なことは、とにかく一時も離さず、極端な話し、仕事中はもちろんのこと、通勤電車の中、トイレの中までも、GMATの過去問のコピ−を持ち歩き、常に問題を解くということです。

エッセイ
エッセイを書く前にやらなければならない最も重要なことは、どの大学院に出願するか、自分はどの大学院で学びたいのかを決定するということです。大学院の Rankingよりも、一番自分がやりたいカリキュラムを持っている大学院はどこか、そこは自分に一番合っているのかどうか、という事をよく考えてみることだと思います。ここでもDevalier氏をはじめとするインタ−フェイスのスタッフの持つ知識と情報と経験は、大変役に立ちました。

いざエッセイ作成という段階に入ったとき、まず最初に私が指摘されたことは、”You don’t know yourself”ということでした。これは、それからの私のエッセイ作成に大きな影響を与えました。その後、大学ノ−トを一冊購入し、思い当たることを逐一メモし、後のエッセイの助けにしました。

経営大学院受験において、Main Eventとなるエッセイ作成において一番大事なのは、話題の取捨選択なのではないでしょうか。常にStereotypicalになることを避け、自分の経験の幅から何を一番アピ−ルしたいのか、自分をどうやってMarketingするか、ということです。どんな小さなことでもエッセイの種になるかも知れません。ところが、どの話題が本当にエッセイの種になるのか、自分では分からない時があるのですが、このような時、適切なAdviceをしてくれたのは、 Devalier氏でした。 自分の歴史をよく考えてみる、自分は何者なのか、そういう問いかけの中で、いいエッセイが生まれてくるのではないでしょうか。

たとえシドロモドロでも常に英語での会話が要求されるインタ−フェイスの環境は、いろいろなテストに役立ったことは言うに及ばず、その後に待ち受ける面接試験にも大いに役立つことになりました。

最後に。
合格を決めるまでの全準備期間を通じて私がずっと心掛けたことは、毎日必ず全ての科目を勉強し、暇な時は、いつもエッセイのことを考えていたということです。皆さんお仕事大変忙しいでしょうけれど、目標を定めて地道に頑張るということが、大事だと思います。





大学院留学 合格体験記
Northwestern KelloggMBA(ノースウェスタン ケロッグMBA) Class of 1998