Northwestern MBA 合格体験記

留学先:ノースウェスタン (Northwestern Kellogg MBA)

大学院出願準備記(出願エッセイ、インタビュー対策など)
MBA合格体験記 No.238






バックグランド:私費・金融(アナリスト)・職務経験4年未満(受験時)
その他合格校:Chicago GSB(他は全て途中で辞退しましたので合格率100%?)
担当カウンセラー:Mr. Devalier

インターフェイスをお勧めするポイントとして、主に以下の3点を挙げたいと思います。

1.アプリカントのバックグラウンドに対する深い理解

Mr. Devalierは私のバックグランドを理解することに最大限、努めてくれました。Why MBA?・職歴・学歴・英語能力・社会貢献経験・趣味などあらゆる視点から「私がどのような人間であり、どうなりたいか」を考えてくれました。エッセイとは結局「自分のことを伝えるもの」です。つまり、そのエッセイを構築するにあたり、とにかく大切なのがいかに「自分」というものを入れられるかなのです。 Mr. Devalierは私という人間の場合、どのようにエッセイの中で描写すれば良いのかを適切に把握し、私にフィードバックしてくれたと思います。

2.現地での定期的な情報収集に裏打ちされた各学校に対する豊富な知識

Mr. Devalierは各学校の特徴を知り尽くしています。私たちアプリカントが受験中に各学校のことを調べるとしても、期間としてはせいぜい半年から1年、多くも2年ではないでしょうか。Mr. Devalierはインターフェイス創立以来、十数年間もの間ビジネス・スクールについて研究してきています。現代ではインターネットで多くの情報を収集することが可能ではありますが、Mr. Devalierは過去の知識だけにとらわれず、現地での定期的な情報収集も行い、また多くのメディアでは発信できないようなネタさえも把握しており、エッセイ・カウンセラーとしてだけでなく、MBA受験カウンセラーとしても非常に頼りになりました。

3.プロのカウンセラーとしてのプライドに支えられた顧客重視のアドバイス

受験校選定中にMr. Devalierに幾つかの学校の受験を反対されました。正直とても驚きました。なぜなら、実際は分かりかねますが、他の予備校では生徒が受験を希望した学校のエッセイ・カウンセリングに反対することが考えにくかったからです。ただ、理由を聞いて納得することができました。上の二つで述べたように、彼は私という人間はどんな人間であるか知り、かつ、受験を反対されたそれらの学校のこともよく知っています。そこにミス・マッチが生じたので、彼は反対をしたのです。そしてMr. Devalierは言いました、

「私はお金儲けをしたいからこの仕事をしているのではない。そうしたいのであれば生徒が受験を希望したすべての学校のエッセイ・カウンセリングをホイホイすれば良いだけだ。しかし、私はプロのエッセイ・カウンセラーであるから真剣にあなたのことを考えたプロのアドバイスをしたい。」

こうして最高の受験結果を得た今、私は自信を持って皆様にインターフェイスをお勧めしたいと思います。





大学院留学 合格体験記
Northwestern KelloggMBA(ノースウェスタン ケロッグMBA) Class of 2007