Pennsylvania MBA Lauder 合格体験記

留学先:ペンシルべニア (Wharton MBA / Lauder)

大学院出願準備記(出願エッセイ、インタビュー対策など)
MBA / Lauder合格体験記 No.034






MBA留学をしようと思う皆さんの動機は夫々だと思います。それに関して、「もっと自分を見詰めるべきだ」とか、「流行に流されてないか」「何をやりたいかを明確にさせてから」などという事を論じる方もいるかと思いますが、私はそんなことはないと思います。

実際、私も準備をはじめた時には、正直いって「これをやりたいから」等といった高い志はなく、興味本位からはじめました。今でも自分のキャリアプランに関しては、試行錯誤中です。ただ今これから待ち受ける2年間の生活によって、自分の人生経験が豊になり、且つ選択肢が広がることだけは間違いないという確信を持っています。

準備期間が長い、勉強が大変、お金がかかる等など、マイナスな点を数えれば切りがありませんが、皆さん、ちょっとでもやってみたいという思いがあるのであれば、是非今すぐやってみるべきです。やはり、「買わないで後悔をするよりは買って後悔しましょう!」
以下、簡潔に私の1年間の流れを記述させて頂きます。

1.98年12月〜99年3月:

98年12月、なんとなく、MBAにはずっと以前から興味があったので、インターネットサーフィンで見つけたINTERFACEに早速行ってみた。Mr. Devalierに取りあえずTOEFLの勉強をしなさい、というアドバイスを頂く。それまで、TOEFL を名前でしか知らなかった私は、取りあえず市販の教材をもとに2〜3回模擬テストを繰り返した上で、早速本番に臨んでみた。最悪の手応えにも係らず、思ったよりもよい成績に、「なんだ、あと2回くらいやれば」と思い、取りあえず、暇がある時にパラパラと予想問題をやっていた。

この時期は正直いって、今考えればびっくりするほど何もしていなかった。

2.99年4月〜6月:

TOEFLは思ったよりもまったくこの時期までに伸びませんでしたが、取りあえず、同じことを繰り返すことに飽きたのと、そろそろ気合を入れてGMATをやらねば、という考えからGMATの勉強を開始。TOEFL同様、市販の教材で間に合わそうと思ったところ、まったく歯が立たず落ち込む。致し方ないので、予備校に一度だけ通ってみようと思い通ったが、これが結構何をやればよいかがわかって大変参考になった。5・6月は兎に角予備校の教材を死ぬほど友人等から集めて、繰り返し練習問題をやった。

GMAT は正直いって、長く勉強するものではないと思います。というよりも私は少なくとも勉強できませんでした。その後6月の試験で幸運にも(相当GMATは運があると思います。)これくらいでいいかなっていう点数が出たので、すっぱり GMATの勉強は6月一杯でやめました。

3.99年7月:

勉強関係で一息付いたのと、仕事が忙しかったのとで中だるみ時期。特に何かをやったという記憶がないので、相当だらけていたのでしょう。

4.99年8月〜:

いよいよESSAYをはじめる。この部分に関しては、私がどうこういうよりかは、 INTERFACEを信頼してよいと思います。私はMr. Devalierにカウンセリングをして頂いたが、出来るだけ高いCost Performanceを追求したかった為、兎に角、彼の指示に忠実に従いました。また、逆を言えば、彼の考えには非常に共感・納得ができたからこそだと思います。
それでも、これは自分が思っていることだから、ESSAYにはこう入れたいなどの要望があれば、カウンセラーに率直に主張すればよいと思います。 ESSAYは一人一人でどこをアピールするかが違ってくるので、カウンセラーの方とよく話して、先ずはカウンセラーに自分を十分にわかってもらうところからはじめるのがよいでしょう。

他にも、こういったような予備校でよいと聞くところが数校ありますが、私は行ってないので比較は出来ませんが、少なくとも、費用対効果の面から見て、 INTERFACEは高い満足度を選られるでしょう。彼らはMr. Devalierをはじめ、皆が意識の高いプロ集団だと思います。

それともう一つは、どれだけ自分を差別化出来るかということだと思います。 INTERFACEは自分という素材を調理してくれる一流の料理人ですが、いかによい素材を提供するかは当の本人次第です。

以上が私の一年間の超簡略版です。総じて言うとともて充実した楽しい準備期間でした。特に目標がはっきりしていたので、体力的にはきつかったですが、精神的には満たされていたような気がします。皆さんも来年よい結果をだされ、振り返った時に楽しい一年間だったと言えるように頑張って下さい。





大学院留学 合格体験記
Pennsylvania WhartonMBA/Lauder(ウォートンMBA / Lauder Program) Class of 2002