UNC MBA 合格体験記

留学先:ノースカロライナ チャペルヒル(Kenan-Flager MBA)

大学院出願準備記(出願エッセイ、インタビュー対策など)
MBA合格体験記 No.435






■合格先:UNC

■出願時プロフィール
 ・29歳
 ・サービス3.5年;メーカー2.5年
 ・私立大学文系

■TOEFL:103点
私は英語圏経験がほとんどないため、英語力そのものを測るTOEFLで103点を取るまでにかなりの時間を要しました。 合わせて10回以上受験しました。
最初はずっと80~90点台でさまよったのですが、●天オークションで「TOEFL過去問」という資料を購入して実践してみたら、 スコアがぐーんと100点台まで上がることができました。

■GMAT:
・Quantative:
満点である51点を取得しました。最新のオフィシャルガイドをやりこんで、ポイントを極めることが一番大切だと感じましたので、OG以外の対策はしませんでした。 簡単な問題であっても、出題者の解説を細心に読むことをお勧めします。

・Verbal:
本番の形式に即したGMAT KING模擬試験を受けておくことをお奨めします。 GMAT KINGを集中的にやりこんだ後受験した結果、わりと理想的なスコアを上げることができました。やはり、GMATの勉強は短期決戦だと思います。

■MBTI
エッセイ添削コースに入る前にデバリエ先生によるMBTIを受けました。
相互理解を深められ、とても貴重な体験ができました。あらためて自分の性格やキャリア志向についてじっくりと考えることができましたし、 異なるタイプの人たちといろいろなワークをすることで、両者の違いもよく分かることができます。

■エッセイ
デバリエ先生とのエッセーパッケージコースを利用しました。
デバリエ先生の効果的な添削がなければ、UNCに合格することは出来なかったと確信しており、大変感謝しております。内容の大筋を変えることなく、表現方法を工夫することでここまで読み手に対するインパクトを変えることができるのかと多々感銘を受けました。

■インタビュー
デバリエ先生とのインタビュートレーニングを数回行い、アドミッションに多角的な視点で本質的な話を伝えられたと思います。

末筆ですが、デバリエ先生、また小貫先生をはじめとするインタフェース方々のサポートに本当に感謝しております。ありがとうございました。





大学院留学 合格体験記
UNC Kenan-FlagerMBA(ケナンフラグラーMBA) Class of 2015