Oxford MBA 合格体験記

留学先:オックスフォード 合格体験記 (Said MBA)

大学院出願準備記(出願エッセイ、インタビュー対策など)
MBA合格体験記 No.310






合格先:Cornell、MIT、Oxford

まず担当カウンセラーに深く感謝申し上げます。ありがとうございました。 先生のおかげで私は合格を勝ち取ることができました。以下、受験生の皆様に私の体験談をご参考にお話します。反省点も含めて、ご利用いただければ 幸いです。

1. 背景
  職歴: メーカー7年
  海外経験:米国2.5年
  GPA:3.3(工学修士)
  GMAT:680(V:34,M:49,AWA:4.0)
  TOEFL:iBT 108(R29,L30,S22,W27)、
  PBT 647(L64,S67,R63,TWE5.0)

2. スケジュール
  2007.1 TOEFL 初受験→94点
  2007.4 TOEFL→ 103点
  2007.7 GMAT初受験→ 640点
  2007.8 GMAT2回目受験→ 680点
  2007.10 TOEFL受験→ 108点
  エッセイカウンセリング開始
  2007.11 TOEFL PBT受験→ 647点
  2007.12 GMAT受験するが 660点止まり

3. TOEFL対策
1月から勉強を独学で始めました。TOEICが950点あったことと、大手予備校Aに「そのスコアなら、あとは微調整」と言われたことから、勉強は、TOEFLにないSpeaking とWritingに集中しました。1月中旬初受験で94点でしたが、その後伸び悩み、結局5回目の4月下旬の試験で100点 を超えました(103点)。 さらなる高得点を目指し、10月に108点、11月にPBT647点を取り終了しました。

4. GMAT対策
6月から勉強を独学で始めました。市販の本とOGを中心に解き、誤枝である理由を説 明できるようにしました(なるべく)。調べた単語は一覧にし、通勤電車で繰り返し 確認しました。7月、8月、10月、12月と4回受験しました。が、7月、10月は、仕事に 追われて勉強ができず、12月はエッセイで時間を取られ、結局落ち着いて勉強ができたのは、お盆休み明けの1度だけでした。8月のスコアで十分と思い受験を終えたはず が、後から欲が出て、700点を目指し受験を続けたのは結果から見れば失敗でした。

5. エッセイカウンセリング
全体で言うと、私はエッセイ準備でかなり後手に回っており、もっと早く準備できれ ばよかったと思います。はじめは、カウンセリングの質と金銭のバランスで予備校選びに手間取りました。9 月中旬から10月初旬まで大手予備校Aの棚卸・ネタ出しのカウンセリングに通いまし た。しかし、そのうち難関校を目指したくなり、将来への投資と割り切り、金銭より 質のためインターフェイスを選びました。インターフェイスを訪ねたのは10月初旬で した。担当カウンセラーは、見た目どおりプロフェッショナルな方です(余談 ですが、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代のルー・リード(眼鏡着用)と いった風情で、Velvetsファンの私は、初対面で少なからず好感を持ちました。本人に伝えたことはありませんが。)。 先生には、エッセイ等添削を最速1校2時間のスピードで終わらせていただいた ことはもちろん、緊張感あるインタビュートレーニング、メールの文面の相談等細か い事項にまで丁寧に対応いただきお世話になりました。掘り下げるべきトピックに関しても、傾向と対策を踏まえた的確なアドバイスを下さったと思います。また、締切りに間に合わせることにも極めて協力的で、かなり無理をしてでも、追加カウンセリングで間に合わせてくれました。出願ラッシュの12月末など、無理のせいか顔の色が少し危ないほど変わったようでしたが、気丈に振舞われ、もちろんエッセイ添削もいつもどおりこなしていました。まったく先生のお力添えなくては合格はできませんでした。

6. インタビュートレーニング
先生(担当カウンセラー)のインタビュートレーニングではかなり苦しみましたが、先生の口 から流れ出る回答例を参考にインタビューの準備ができました。自分1人では、面接 に求められるレベルを大きく見誤っていたと思います。非常に役立ちました。彼のことは、お薦めします。

7. 注意事項
出願書類のうち、成績証明書を締切り必着にしている学校には、ご注意下さい。気づ いてからでは手遅れになります。特にRequest Formがある学校は、大学の教務課で発行に4〜5日かかる場合もありますので、さらに注意です。

8. 最後に
小貫さん、小粥さん、金崎さんにも、いろいろお世話になりました。ありがとうござ いました。またいずれご挨拶に伺います。

来年度の受験生の皆様におかれましては、一生に一度のチャンスですから、業界でベストの人達の協力を得て志望校に合格されることを切に祈念いたします。

以上





大学院留学 合格体験記
Oxford SaidMBA (サイードMBA) Class of 2010